ダイエの仕事

ディスプレイの設計

ディスプレイを、デザインから設計へ落とし込む

デザイン画から設計に落とし込む

弊社では、基本的にお客様にデザイン画をご用意いただき、設計・製作を承っております。

デザイン画は平面の状態ですが、製作の段階では立体になります。
そのため私たちはデザインをかたちにするための設計を行い、デザイン画の上に表現された形状や
雰囲気を再現するための加工方法・素材の選定を行います。

さまざまな商品の企画やデザインをメーカー様にご提案する企画会社様より、
ディスプレイのノウハウがない為ご提案できる範囲が限られてしまう…というご相談をいただくことがあります。
ダイエでは、既に決まっている商品コンセプトやイメージに合ったディスプレイを、
現実的にコストやロットを考慮した上でお客様のイメージを形にする技術力があるので、
お客様への対応の幅が広がります。

デザイン会社もご紹介いたします。

デザインから依頼したい場合、ショーケース用デザインに不慣れな場合は、弊社提携のデザイン事務所をご紹介できます。
また企画段階から私たち製作チームが関われますので、納期や予算から仕様のご提案が可能です。

デザイン画の例

製作前の打合せでお聞きすること

ダイエでは、お客様が描いているイメージを共有するためにヒアリングをきっちり行い、場合によってはサンプル作成を行っています。
ディスプレイや什器が出来上がった後に、「イメージとちょっと違う」といったことを無くすために、
ブランドやショップのイメージ・コンセプトを理解して製作いたします。
そのため、打合せでも様々なことをお伺いしております。

目的

新商品ができた、展示会がある、ブランドイメージが変わった・・・等今回ディスプレイやケースが必要になった理由をお聞きします。
また今ディスプレイでお困りの点やご要望等あればお聞きし、実用面でも改善できるご提案をいたします。

(例)展示会のディスプレイが欲しい。今のディスプレイが大変重い為移動が大変。
⇒持ち運びしやすい素材のディスプレイをご提案いたします。

プラン・
図面の有無

ディスプレイ・ケースを作るにあたり、メーカーやブランドのイメージを形にした プランや図面がある場合は、確認させていただきます。手書きのものでもラフ案や図面等があると、よりお客様のイメージに合った製作ができると思います。図面がない場合は、コンセプトやイメージをお伝えください。

販売経路・
展開規模

例えば全国規模の百貨店での展開なら、まず安定した品質で落ち着いた雰囲気のものを、一部の地域で少数だけ必要なら少し遊び心のあるものを、とお客様の状況まで弊社では製作時から考慮します。また、移動・搬入を考慮して軽量化などまで提案させて頂きます。

予算

どんなにいいディスプレイ・ケースをご提案しても、実現不可能なら意味がありません。まずは予算をお聞きし、その中で実現できる最善策をご提案いたします。

納期

納期に間に合わないと意味がありません。
納期が迫っている場合も、その期間でできる最大限のご提案をさせていただきます。

ディスプレイの素材・加工方法の選定

  • 下地をアクリル曲げで製作した例

    ネックレススタンドの背面をスッキリしたいと言うことから下地をアクリル曲げで製作

  • 木目部分をエンビシート貼りにし、ウレタンクリアー塗装で仕上げた例

    指定の木目と黒部分の塗装の仕上がりを、同じ鏡面仕上げにしたいと言うことから、木目部分をエンビシート貼りとし、最終的にウレタンクリアー塗装で仕上げました

  • アクリル板加工品の上に塗装仕上げを施した例

    通常小物箱は木芯材が多いのですが、シャープさと強度からアクリル板加工品の上に塗装仕上げにて製作しました

  • 樹脂材を切削加工し、塗装仕上げで製作した例

    リングスタンド用の芯材は、サイズ的なものや形状等、通常では木工加工で製作することが多いのですが、精度的にも樹脂材を切削加工にて製作し、塗装仕上げで製作しました

ディスプレイは素材×形状で出来上がりが左右されると私たちは考えています。
そのため、デザインやコンセプトを共有してから、素材や加工方法を考えます。

どんな素材を選べば、デザインが再現できるか。
素材の持つ特性から、土台の素材や加工方法を提案します。

お金をかければいいものができるのは当然です。
ダイエではお客様の予算を考慮し、同じイメージを与える違う素材を代替案としてご提示するなど、
あくまで実現するためのご提案をし、製作いたします。

またサンプル作成もいたします。
企画会社様がメーカー様と打ち合わせされた上で、さらに弊社と打ち合わせする…いう場合、
お互いのイメージの共有が重要になってきますよね。
そんな場合、例えばお手元に手書きでもラフ案等ありましたら、
仕様を固め、イメージの確認を行うために、サンプル作成にも対応いたします。

時計・ジュエリー・アクセサリーのディスプレイ製作について、
お気軽にご相談ください。

「デザイン画はあるけれど、製作してくれるところが見つからない。」
「こんなディスプレイは製作可能か?」「予算や納期について知りたい」
といったご質問、ディスプレイ製作を長年続けてきた
私たちの知恵と技術力でお応えします。

※お急ぎの場合はお電話をお使いください。

  • 06-6622-5840
  • 06-6622-5576

お電話対応時間平日9:00~18:00 (土・日・祝日はお休み)

ページ上部へ戻る